HOME>郷土料理・ご当地グルメ>人の坩堝は郷土料理の宝庫

もつ鍋もいいけど餃子がオススメ

神奈川県は、日本の首都東京に近いことから、都内への通勤者を多く抱えるベッドタウンとしての役割と、県内でも多くの就労者を抱え、商業都市と工業都市が存在しています。東京都内で働く人も、神奈川県内の横浜市や川崎市を始めとする自治体に住まいを構え、通勤している人が多いのが実情です。また、巨大な人口を抱える巨大商業都市である横浜市、工業都市である川崎市と、県内の通勤者も多く居住しています。東京が日本を始め世界からの人の寄せ集めだと言われていますが、実際に居住している人の数は、神奈川県や埼玉県、千葉県が多くなっています。日本中から人が集まる神奈川県には、それぞれの地方の郷土料理を売り物にする飲食店が多数出展しており、その地元の出身者が懐かしい味を求めて通います。中でも札仙博と、転勤者から好評の勤務地の一つである福岡、博多の郷土料理のお店は、毎日産直の素材を空輸して郷土の味を保っています。中でも横浜駅西口の博多餃子舎603は、その名のとおり博多餃子を楽しめるお店として人気となっています。餃子といえば宇都宮や浜松が有名ですが、博多の餃子は小ぶりな一口餃子なので、その美味しさを肉汁を逃す事無くアツアツで楽しめます。また、このお店ではもつ鍋も楽しむ事ができて、寒い冬には体を温め、暑い夏にはスタミナ維持にまさにピッタリなお店です。博多の郷土料理のお店と言っても魚介類が全てではなく、他の地域が有名なメニューまでも美味しいのが博多の郷土料理の特徴です。

新着情報